アメシロその後12(2003.12.30作成)
金沢市の「公募意見」の取り扱い!
「サステイナブル21」の方より、金沢市の緑と花の課の「パブリックコメント」の扱いに関して怒りのメイルあり!
自らのホームページなどで広く意見を求めておきながら、その意見を肝心の「都市樹木害虫防除検討委員会」の遡上に載せないような行動をとっているらしい。相変わらずの形式主義、あるいは事なかれ主義の現れかな?
以下、当方が受け取ったメイルです。

金沢市の緑と花の課にパブリックコメントを寄せていただいた皆様そしてお力添えを頂いている皆様へ

都市樹木害虫防除検討委員へのパブリックコメント配布に積極的でない金沢市。61通のコメントが無味乾燥な1枚のコメント集計表に!
この件につきましてその後の経過をご報告させていただきます。

25日朝「緑と花の課」に確認をしました。61通のパブリックコメントは、無味乾燥な1枚の集計表と化して委員に渡されていました。担当の上寺氏に「どういうことか」尋ねますと「 コメント希望の要請があった委員にはコメントを渡すが、要請がない委員には渡さない」とのこと。
彼はコメント募集期間中「名前を消して各委員に渡す」と何度も言っていました。なぜこの様なことになったのかと尋ねますと今日は「コメントの取り扱いについてはこちらが判断することだ」とも。大串龍一座長からは要請があったので渡すことになっていると。

私の手元のコメント、16通で70ページ余の卓越した見識、ずしりと重い現実、知見など・・・無味乾燥な集計表1枚でどう伝えることが出来ましょう!

また16通だけで確認しても集計表にはCS患者の数で間違いがあります。「居住地不明・・・2」になるはずですが「1」となっています。また幾つかの重要な意見要旨が抜けており正確さに懸念を覚える集計となっております。

ご専門職の立場からのコメントも頂いております。その他の提出者の多くがご自分のことには少しも触れておられませんが重度、中度のCS患者であったりお子様を車に載せて逃げ回っておられたりの方々です。ご都合主義の利用は、コメント募集に応じて真摯に臨んで下さった方々のお気持ちを弄ぶものであり、許し難さを覚えるゆえんです。

電話は受付対象にされておりませんでしたが、集計表にはそれも加えられております。電話のように証拠が残らないコメントを除くと61中、農薬散布に賛成は14(23%)、原則反対であるが必要最小限はやむを得ない4(7%)、反対43(70%)となります。
 
御用納めを前にして時間がないところから25日の夕刻、上寺氏に「各委員に全てのコメントを渡して欲しい」と強く要望しました。他にも同じ電話があったので相談することになっているとの返事でした。公的立場にある方だけでもお正月の間に目を通して頂けるだろうから年内に渡して欲しいと伝えましたが、大串座長にも1月14日に渡すことになっている、先ほどそれで了解をもらったとのことです。(夕刻上田課長氏と上寺氏は大串龍一検討会座長を訪問、来年1月には最終案を手直しして市長に提出の段取り)私は「コメントを踏まえて報告をまとめると言いながら、それではコメントを寄せた人たちに対する背信行為ではないか」と怒り強く再検討を求めました。

なぜコメントを渡すことにこのように消極的なのでしょうか。全てが終わってから渡したがっているようにも感じられます。不可解でなりません。
大串座長には今日にでも手元のコメント16通を送付したいと思っております。

1回目と2回目の議事録とコメントの集計表を サスティナブル21のHPの資料に掲示しました。ご確認下さい。 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5613/archiv.htm

26日の夕刻も方針は変わらないという返事でした。
心ある委員の方たちの胸になんとかコメントを届ける努力を継続したいと思っております。 
今後ともどうぞよろしくお力添え下さいませ。   

以上 ご報告いたします。

皆様 本年は大変お世話になりました。                                               
どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
いよいよイラク派兵・・・心重い年になりそうです。

youkosus21@yahoo.co.jp
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5613/

トップページへもどるひとりオンブズマンコーナートップページへもどる | アメシロトップページへもどる更新履歴へもどる